当ブログはアフィリエイトプログラムにより商品紹介中です。

【キャンプ×ポット型浄水器ブリタ】キャンプ中の水は最強の組み合わせで解決!

キャンプ×ブリタ ひとりごと
スポンサーリンク

年に数回ファミリーキャンプを楽しんでいる沖縄そばパパ @okinawasobapapaです。

僕がキャンプを始めたのは、妻と結婚して子どもが生まれてからなので今年(2023年)でファミリーキャンパー歴6年目。

実はYouTubeもゆったり更新中

キャンプが初心者だったり、子どもが小さいうちのキャンプは、ついつい荷物が多くなってしまいがち。料理で使う水や手洗い用の水の調達にいつも悩んでいませんか?事前にペットボトルで用意していても現地で足りなくなったり、必要以上に用意しすぎて邪魔になったりと意外とストレスになります。

また大き目の水タンクだと、荷物の幅もとるし、一度に多くの水を入れることになるので持ち運びも不便です。

安全で美味しい水を確保することは、ファミリーキャンプを成功させるためにとても重要です。キャンプ中の水問題は、すべてポット型浄水器のブリタ(BRITA)にお任せしちゃいましょう!

ブリタはコンパクトなサイズで持ち運びも簡単、さらに高い浄水能力を誇ります。

キャンプ場の水道水も簡単に浄水も可能で、水が不足した場合も、追加で水道水を補充すれば、安心して水を利用することができます。

この記事では、ファミリーキャンプを楽しむ皆さんに向けて、ポット型浄水器ブリタ(BRITA)の魅力と使い方、選び方、フィルターの交換などについて詳しく解説します。安心・便利な水調達を実現し、キャンプの楽しみをさらに広げましょう!

スポンサーリンク

キャンプにブリタが最適な理由

キャンプ中の水が必要となるシチュエーション

キャンプ中には、さまざまなシチュエーションで水が必要です。水の確保が、安全にキャンプを成功させるためのキーポイントといっても大げさではありません。

そばパパ
そばパパ

一般的に、1泊2日のキャンプで1人当たり2リットルの水が必要だと言われているよ!

以下に、キャンプで水が必要になるシチュエーションの例をいくつか挙げました。

飲料水: キャンプ中は十分な水分補給が必要です。活動量の増加や気温の上昇により、水分摂取量が増えることがあります。普段と違う環境で、他のことに夢中になるあまり、ついつい水分摂取がおろそかになってしまう可能性もあります。テント設営など体力を使う場面も多いことから、十分な飲料水を用意することは重要です。

調理用水: キャンプで食事をする際には、食材の調理や洗い物のために水が必要になります。飲み水とは別に、調理用の水を確保することが重要です。特に、テントを設営するサイト(場所)から炊事場や水道が離れている場合などは、水を持参していないと、何回も炊事場とサイトを行ったり来たりする必要も出てきます。

衛生目的の水: キャンプ中は手や食器、調理器具の洗浄や、歯磨きなどの衛生目的で水が必要です。キャンプ場によっては、専用の洗い場や水道設備が整っている場合もありますが、初めて予約するキャンプ場の場合は、炊事場までの距離や衛生面など知らないことも多いので注意が必要です。

消火用水: 焚火を楽しむ場合、安全上の理由から消火用の水を用意しておくことが重要です。焚火の管理が不十分な場合や、周囲の乾燥した状況などで火災が発生した場合、速やかに消火するための水が必要になります。

紹介したのは、キャンプで水が必要になるシチュエーションの例ですが、実際のキャンプ場や状況によって必要な水の量や用途は異なる場合があります。キャンプに行く前に、キャンプ場のルールや設備について確認し、適切な水の確保を心掛けましょう。

ファミリーキャンパーの必須アイテム:ポット型浄水器ブリタの魅力とは?

キャンプ中のコーヒーはマストアイテム

ファミリーキャンパーにとって、ポット型浄水器ブリタは必須のアイテムです。その魅力は、持ち運びの便利さと優れた浄水能力にあります。

ブリタはコンパクトなサイズでありながら、高い浄水能力を持つポット型浄水器です。キャンプ中に持ち運ぶ際も場所を取らず、使い勝手が非常に良いです。

キャンプ中は清潔で安全な水を確保することが課題になります。キャンプ場の水が心配で、ペットボトルの水を持参したりすることはありませんか?飲料水としても料理用にも使うし、手洗い用の水にと、ついつい多くペットボトルの水を購入してしまうことも少なくないはずです。

そこでポット型浄水器ブリタは、ファミリーキャンパーにとって必須のアイテムなってくれます。ポット型浄水器のブリタの持ち運びの手軽さと高い浄水能力によって、安全な水の確保が可能となります。これにより、キャンプ中の水問題のストレスを劇的に軽減することができるのです。

コーヒーが大好きなそばパパにとっても、おいしくコーヒーを飲むのはキャンプの醍醐味の1つです。普段自宅でコーヒーを淹れる場合や、コールドブリューコーヒーを作る場合にも、ブリタの水を使用しています。いつものコーヒーの味をキャンプ場でも楽しむことができるのはテンション上がりますよ~!

だいぶ前に書いた記事ですが、小さな子どもとキャンプに行くことのメリットについて下記の記事で紹介しています。新しい環境で、子どもの成長を感じる機会にもなるし、ファミリーキャンプは、とてもおすすめです。

ポット型浄水器ブリタの機能と特徴

ポット型浄水器ブリタの使い勝手と持ち運びの便利さ

ポット型浄水器ブリタは、使い勝手が非常に良く持ち運びにも便利なアイテムです。コンパクトなデザインと簡単な操作性が特長です。

ブリタのポット型浄水器は、一般的にコンパクトなサイズでありながら、十分な水量を浄水できる能力を持っています。また、フィルターの交換も簡単で、初めて使う人でも手軽に利用することが可能です。

キャンプは、その他にも荷物が多くなることが日常茶飯事なので、持ち運びの便利さはとても重要です。大型の浄水器ではかさばってしまい、持ち運びが困難な場合があります。また、操作が複雑であったり、フィルターの交換が煩雑な場合も使い勝手が悪いと言えます。

ポット型浄水器ブリタは、使い勝手が非常に良く持ち運びにも便利なアイテムです。コンパクトなデザインと簡単な操作性によって、キャンプ中でも手軽に使用することができます。ブリタを使うことで、安全な水の確保が容易になります。

様々な浄水技術を組み合わせたブリタの高い浄化能力

ブリタのポット型浄水器は、様々な浄水技術を組み合わせることで高い浄化能力を持っています。不純物を効果的に除去することができます。

ブリタの浄水器は、活性炭、イオン交換樹脂、陶磁器フィルターなどの浄水技術を組み合わせています。これにより、異なる種類の不純物を効率的に除去することが可能です。浄水能力は高く、クリアで美味しい水を提供します。

ブリタのポット型浄水器は、様々な浄水技術を組み合わせることで高い浄化能力を実現しています。キャンプ中の不純物を効果的に除去し、安全な水を提供します。浄水器の性能には注意が必要ですが、ブリタの使用によってキャンプ中の水の品質を向上させることができます。

おすすめのポット型浄水器ブリタモデル

ブリタのポット型浄水器モデルの種類と選び方のポイント

ブリタには様々なモデルがあります。適切なモデルを選ぶためには、性能、価格帯、お手入れの容易さなどのポイントを考慮して選びましょう。

ポット型浄水器タイプ

スタイルエコ:最上位モデルのバイオベース素材60%配合。バイオベースとは、材料、製品の一部が再生可能なバイオマス資源(植物)由来であること。本体、ファンネル、フリップ式のふたにマスバランス方式を採用しています。カートリッジの交換の目安には、LED表示を採用。サイズは全容量2.4L、ろ過水量は1.26Lです。

スタイル:こちらも最上位モデルのブリタ。カートリッジ交換の目安にはLEDを採用しています。スタイルエコとの違いは、大きさ。こちらのほうが一回り大きなサイズになっています。サイズは全容量2.4L、ろ過水量は1.26Lです。

マレーラ:給水がしやすい、フリップトップタイプを採用、カートリッジの交換目安も従来のブリタ液晶メモが4週間ごとにお知らせしてくれます。全容量2.4L、ろ過水容量1.15Lです。

アルーナ:我が家でも初めにブリタを導入してから使用しているアルーナ。カートリッジの交換目安も従来のブリタ液晶メモが4週間ごとにお知らせしてくれます。XLサイズと大きく、全容量3.5 L、ろ過水容量は1.75 Lです。普段の料理中に使用するときや、子どもたちの水筒のお茶の準備の時にも大容量で安心です。

リクエリ:こちらも我が家で採用しているブリタ。子どもたちが大きくなり、アルーナだけでは少し物足りなくなってきたので、冷蔵庫にも入りやすいコンパクトなタイプが欲しくて、こちらを採用しました。全容量2.2L、ろ過水容量1.15Lです。夕食の時など、食卓に並べておいてもコンパクトで邪魔になりにくく、夕食の時に4人分の飲料水としてもちょうどいい量です。

ファン:リクエリ同様にコンパクトタイプのファン。冷蔵庫のドアにも収納しやすい大きさです。個人的に持ち手がないのが嫌で、リクエリにしましたが、リクエリよりもコンパクトかつ、フタがスイング式なので、水の供給などは楽ちんです。

フロー:アルーナよりも大型のタイプで、フタもスイング式で水の補給もしやすく、注ぎ口もコック式になっているので飲料水として飲むときにも便利です。ただ水を補給した後はけっこう重いので、置き場所には要注意。全容量 8.2L、ろ過水容量 4.85Lとなっております。こちらはコールマンとのコラボでも話題なので、気になる方は要チェック!

このようにポット型浄水器ブリタのモデルの中から適切なものを選ぶためには、性能、価格帯、お手入れの容易さなどのポイントを考慮する必要があります。使用目的や予算に合わせて、自分に最適なモデルを選ぶことが重要です。豊富な選択肢の中から、自身のニーズに最も適したポット型浄水器モデルを見つけましょう。

そばパパ
そばパパ

これ以外にもボトル型のカラフェ型のタイプもあるし、

使う場面を考えながら自分に合ったブリタを見つけるのも楽しい!!

ブリタ×コールマン:コラボ商品のご紹介

ブリタフローコールマンコラボ
出典:Amazon

先ほど、ポット型浄水器のところでも簡単に紹介したフロー

2023年5月15日から、コールマンとブリタが初めてコラボレーションした商品が数量限定で発売されました。このコラボレーションは、コールマンが「地球にやさしいキャンパーになって未来を灯そう」という理念を掲げ、ブリタが「ペットボトルよりブリタ」というスローガンでプラスチックゴミ削減を呼びかける共通の想いから生まれたものです。

フローアクティブコールマンコラボ
出典:Amazon

コラボ商品には、ボトル型浄水器「アクティブ」とタンク型浄水器「フロー」の2つがあります。ボトル型浄水器「アクティブ」は、いつでもどこでも手軽に浄水ができる特徴があります。水道水を短時間でおいしい水に変えることができ、柔らかい素材で水を押し出すことができます。また、パーツを分解して洗うことができるので衛生的であり、キャップを付けることでコップとしても使えます。

タンク型浄水器「フロー」は、注ぎやすいコック式の注ぎ口とスライド式の蓋が特徴です。大容量なのでウォーターサーバーの代わりに使用することもできます。

このコラボ商品は数量限定で発売されており、購入者の中から抽選でコールマンの人気ギアである「ワンマルトルランタン(レッド)」がプレゼントされるキャンペーンも行われています。

コールマンとブリタのコラボレーション商品は、アウトドアでの利便性や持続可能なライフスタイルを重視した製品です。自然に馴染むアースカラーのオリジナルカバーが付属しており、コールマンとブリタのロゴがデザインのポイントとなっています。

以上が、コールマンとブリタのコラボ商品についての概要です。キャンプやアウトドアでの水の利用において、コールマンとブリタの製品は便利で持続可能な選択肢となるでしょう。

武田バーベキューさんのYouTubeでもコラボグッズが紹介されていました。キャンプに行く前には、動画見てテンション上げてます。いつも本当に楽しそう!!

ボトル型浄水器

アクティブ:ブリタには、その他にもストラップが付いていて持ち運びが簡単で、カバンなどにも取り付けることができる便利なボトル型浄水器も用意されています。

ポット型浄水器のタイプと異なり、コンパクトなフィルター(マイクロディスク)がボトルについています。

お仕事や子供たちと公園に遊びに行く時などにもコンパクトに持ち運びができるので、とても便利です。また食洗器にも対応しています。サイズは、高さ23.5cm、直径7.5cmでとてもコンパクト、全容量は0.6Lと1日には少し物足りなくなるかもしれませんが、そこはブリタ!外出先でも簡単に水の補充ができますね。

ブリタのカートリッジはコストコで買うのがおすすめ

約1か月に1回交換が必要なブリタのカートリッジですが、ドラッグストアや家電量販店、ドン・キホーテなど様々なお店で購入が可能です。

個人的におすすめなのが、コストコのプライベートブランドのカークランドシグネチャー製の互換性フィルターカートリッジ

コストコホール内で購入すると1つあたり550円程度で購入することが可能です。

BRITA
正規品
マクストラ+6個入り
コストコ
カートリッジ
8個入り
ネットショップ互換性製品
6個入り
メーカーBURITAカークランド
シグネチャー
多数販売あり
画像
価格5,600円前後が多い4,398円
コストコホール内価格(23.07)
2,500円‐3,000円
(Amazon参考価格)
1個あたりの
値段
約950円約550円約450円‐500円
総ろ過水量約150L約150L約150L
交換推奨時期4週間(1日5.3L使用の場合)4週間(1日5.3L使用の場合)1か月~2か月
おすすめ
ポイント
正規品JIS S3201試験で除去率確認
安価
安価なものが多い
おすすめ
できないところ
高い正規品ではない正規品ではない
画像出典元・Amazon,各商品名のリンクはAmazonサイトへ移動します。

ブリタのカートリッジについては、こちらの記事でまとめてあります。

コストコは、ふるさと納税を利用すれば、年間費をお得に利用することができます。ぜひあわせてチェックしてみてください。

まとめと注意点

キャンプの水調達を安心・便利にするポット型浄水器ブリタのメリット

ポット型浄水器ブリタの利用により、キャンプ中の水調達を安心で便利にするメリットがあります。安全な飲用水の確保や簡単な操作性など、ブリタの利点は多岐にわたります。

ブリタのポット型浄水器は、キャンプ中の水源から不純物や効果的に除去することができます。これにより、安全な飲用水を確保し、キャンプ中の健康リスクを軽減することができます。また、操作も簡単で、持ち運びにも便利です。

ポット型浄水器ブリタの利用には多くのメリットがあります。安全な飲用水を確保し、キャンプ中の健康リスクを軽減するだけでなく、簡単な操作性と持ち運びの便利さも備えています。適切なフィルターの管理や容量の制約に注意しながら、ブリタの利用によってキャンプの水調達を安心で便利にしましょう。

フィルターの交換タイミングと適切な管理方法の重要性

ポット型浄水器ブリタのフィルターの交換タイミングは適切な管理方法には重要性があります。正しい取り扱いとフィルターの交換により、ブリタの性能を最大限に引き出し、安全な水の確保が可能となります。

ブリタのフィルターは定期的に交換する必要があります。フィルターの寿命は使用頻度や水質の状況によって異なるため、使用前の説明書やメーカーのガイドラインに従って適切な交換タイミングを把握する必要があります。

フィルターの交換を怠ると、浄水器の性能が低下し、十分な浄化が行われない可能性があります。また、フィルターの管理においても清潔さと保管方法に注意が必要です。適切な管理が行われないと、交換したばかりのフィルターでも安全な水の確保ができない場合があります。

ポット型浄水器ブリタを効果的に活用するためには、フィルターの交換タイミングと適切な管理方法に注意を払うことが重要です。フィルターの交換は定期的に行い、使用前の説明書やメーカーの指示に従って適切なタイミングを把握しましょう。また、清潔な状態で保管し、正しい取り扱いを行うことで、ブリタの性能を最大限に引き出し、安全な水の確保を実現します。

さいごに

ファミリーキャンパーの皆さん、ポット型浄水器ブリタを使ってキャンプ中の水調達を安心・便利にしましょう。

清潔で安全な水の確保はキャンプの楽しみと健康を守るために欠かせません。

ブリタのコンパクトなサイズと高い浄化能力によって、キャンプ場の水道水も簡単に浄化できます。川や湧き水も安心して利用できるため、自然の中でのキャンプ体験がさらに充実します。

ポット型浄水器ブリタの種類も豊富で、予算やニーズに合わせて選ぶことができます。ブリタの活用により、キャンプ中の健康リスクを軽減し、安全な水を常に手に入れることができます。ファミリーキャンパーにとって、ポット型浄水器ブリタは心強いパートナーとなることでしょう。

次のキャンプにぜひ、ポット型浄水器ブリタを持ち込んでみてください。そこには安心と満足が待っていますよ!

Q&A

Q
キャンプでポット型浄水器ブリタを使うメリットは何ですか?
A

ポット型浄水器ブリタをキャンプで使用すると、キャンプ場の水道水や自然の水源から不純物を効果的に除去することができます。これにより、安全で美味しい水を確保し、キャンプ中の健康リスクを軽減することができます。

Q
ポット型浄水器ブリタのフィルターはどのくらいの頻度で交換すれば良いですか?
A

ポット型浄水器ブリタのフィルターの交換頻度は、使用頻度や水質の状況によって異なります。一般的には、1〜2か月ごとの交換が推奨されています。ただし、フィルターの寿命はモデルや環境によって異なるため、使用前の説明書やメーカーのガイドラインを参考に交換タイミングを確認してください。

Q
ポット型浄水器ブリタの持ち運びに便利なモデルはありますか?大人数や長期滞在に対応できる容量のものはありますか?
A

ポット型浄水器ブリタには、コンパクトで持ち運びに便利なモデルがあります。一般的には、容量が約1.5〜2.0Lのモデルが人気です。また、大人数や長期滞在に対応するための大容量のモデルも選択肢として存在します。容量の選択は、キャンプの人数や滞在期間に合わせて検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました