コスパ悪い?水だしコーヒーで夏を乗り切る!お手軽に自宅で楽しむ方法

ひとりごと
スポンサーリンク

普段は、コストコのドリップコーヒーを楽しんでいる沖縄そばパパです。

夏の暑い日でもホットコーヒーもいいですが、やっぱりアイスコーヒーも欲しくなりませんか?

夏の暑さを乗り切るために、水だしコーヒーがおすすめです

ファミレスのドリンクバーやコンビニでアイスコーヒーを飲んだことがある方は分かると思いますが、アイスコーヒーってたくさんの氷を事前にコップにセットしておいて、ホットコーヒーを抽出して急速に冷やして作るイメージの方が多いと思います。

そばママ
そばママ

水だしコーヒーって氷をたくさんで作る

アイスコーヒーとはちがうの?

そばパパ
そばパパ

そうそう!急冷式のアイスコーヒーとはちがうよ!

メリットもあるから、普段のアイスコーヒーこっちにしようと思って!

水だしコーヒーは、急冷式のアイスコーヒーとはちがい、長い時間水にコーヒー豆を浸すことで豆の風味を引き出し、まろやかで飲みやすい味わいを実現できるコーヒーです。

この記事では、水だしコーヒーの基本、作り方、カスタマイズ方法、保存の仕方、おすすめのレシピなどを詳しくご紹介します。水だしコーヒーで夏の暑さを乗り切り、リフレッシュしましょう。

水だしコーヒーのコーヒーポットのランキングまで読み飛ばす

この記事でわかること
  • 水出しコーヒーとは
  • 水出しコーヒーのコスパ
  • 水出しコーヒーの作り方やアレンジ方法
  • 水出しコーヒーのおすすめアイテム
  • その他のアイスコーヒーについて
スポンサーリンク

水だしコーヒーとは

水だしコーヒーの特徴と説明

水だしコーヒーは、通常のホットコーヒーとは異なる抽出方法で作られるコーヒーの1つです。

水だしコーヒーの特徴は、抽出過程にあります。通常のホットコーヒーでは、短時間で熱湯を使って抽出するため、苦味や酸味が強くなる傾向があります。

しかし、水だしコーヒーでは冷水に数時間から一晩程度浸漬することで、コーヒー豆からの成分がゆっくりと抽出されます。この長時間の浸漬によって、苦味や酸味が穏やかになり、代わりに豆の風味や甘みが引き立たせることができます。

さらに、水だしコーヒーは冷水で作っていくこともあり温度の上昇を抑えるため、アイスコーヒーに適しています。

夏の暑い時期にホットコーヒーに氷を入れてアイスコーヒーを作る際、コーヒーが薄まってしまうことがあると思います。一方で水だしコーヒーはもともと水で抽出しているので、氷が溶けてコーヒーの味が薄まる心配がありません。また、水だしコーヒーは時間が経っても風味が持続しやすく、冷蔵庫で数日間保存することもできます。

水だしコーヒーの特長は、滑らかな口当たりと豊かな風味です。そのため、暑い季節にはさわやかで爽快な味わいを楽しむことができます。また、コーヒーの香りや風味がより際立つため、コーヒー豆の品質にも注目が必要です。フルーティーな味わいやフレーバーノートが豊かなコーヒー豆を選ぶと、水だしコーヒーの魅力を最大限に引き出すことができます。

水だしコーヒーの基本的な説明と特徴を把握することで、より効果的にアイスコーヒーを楽しむことができます。

コスパ悪い?水だしコーヒーのメリットも多い

水だしコーヒーのメリットを6つ紹介します。

  1. 急冷式のアイスコーヒーよりコスパがいい:急冷式のアイスコーヒーは、ホットコーヒーを入れる時と同様にお湯を沸かす必要があるので、ガス代がかかりますが水出しコーヒーは、お湯が不要のためコスパ良く楽しむことが可能です。
  2. 口当たりの滑らかさ: 水だしコーヒーは熱湯を使用せずに長時間浸漬するため、苦味や酸味が抑えられる。その結果、まろやかで滑らかな口当たりのコーヒーが楽しめる。
  3. 爽やかな味わい: 水だしコーヒーは熱湯を使わないため、熱い季節にも快適に飲むことができます。温度上昇による苦味や酸味の増加を抑え、爽やかな味わいを楽しむことができる。
  4. 風味の持続性: 水だしコーヒーは時間が経っても風味が持続。通常のコーヒーと比較して、長時間浸漬することでより多くの成分が抽出されるため、香りや風味が長く楽しむことができます。
  5. 氷が溶けても味が薄まりにくい: アイスコーヒーにおいては、氷が溶けると薄まってしまうことがありますが、水だしコーヒーはその影響を受けにくい。より濃厚なコーヒーの風味が氷との組み合わせでも損なわれず、一貫した味わいを楽しむことができる。
  6. カスタマイズの自由度: 水だしコーヒーはベースとなる味わいがまろやかでバランスの取れたものです。そのため、自分の好みに合わせてフレーバーシロップやミルクを加えたり、氷を使ったアレンジを楽しむことが可能。
そばママ
そばママ

ひと手間少なくてコスパもいいしカスタムも色々できそう!

なんと言っても、この時期は子どもたちの水筒にも氷を

たくさん使うから氷が減らないメリットは大きいね!

これらのメリットにより、水だしコーヒーは暑い季節において特に人気があります。アイスコーヒーをより滑らかでまろやかな味わいで楽しみたい方や、長時間風味を楽しめるコーヒーを求める方におすすめです。

水出しコーヒーポットの人気ランキングの紹介

こちらのリンクからAmazonと楽天市場の水出しコーヒーを作るときに使うポットのランキングがチェックできます。

水だしコーヒーを作る手順

水だしコーヒーを作るうえで必要なアイテムと気を付けること

  1. コーヒー豆の選び方:
    • 鮮度の高い豆を選ぶことが重要です。焙煎日から数週間以内のものを最適。
    • 好みに合わせて、風味豊かでフルーティーな特性を持つコーヒー豆を選ぶと水だしコーヒーの味わいがより引き立ちます。
  2. 水質が重要:
    • 使用する水の質は水だしコーヒーの味に影響を与えます。できるだけクリーンで風味を邪魔しない水を使いましょう。浄水器を通したり、ミネラル成分がバランスのとれた水を使用することをおすすめします。

水だしコーヒーの作り方

作り方の流れ

  1. コーヒーの挽き方:
    • 中程度からやや粗めの挽き具合が水だしコーヒーに適しています。挽いたコーヒー豆を計量します。
  2. 水とコーヒー豆の比率:
    • 一般的な目安としては、コーヒー豆30gに対して水1リットルを使用します。好みに応じて調整してください。
  3. コーヒー豆と水の組み合わせ:
    • コーヒー豆と水を容器に入れます。フレンチプレスなどの器具を使うこともできます。しっかりと混ぜ合わせ、コーヒー豆が水に浸かるようにします。
  4. 浸漬時間:
    • コーヒー豆を浸漬する時間は好みによりますが、通常は12〜24時間程度が一般的です。長時間浸漬することで風味が引き出されます。
  5. 抽出後のこし方:
    • 浸漬が完了したら、フィルターやザルを使ってコーヒー液をこします。お茶のパックなどを使えば、こす時も楽ですね。
  6. 保存:
    • 抽出した水だしコーヒーは密閉容器に入れ、冷蔵庫で数日間保存可能です。

簡単に水だしコーヒーを作り方を紹介しました。好みに合わせてコーヒー豆の量や浸漬時間、保存方法などをいろいろと調整することで、自分好みの水だしコーヒー作りに挑戦しましょう。

味のカスタマイズ

  1. カスタマイズのアレンジ:
    • 水だしコーヒーは様々なカスタマイズに適しています。好みに応じて、レモンやミントを加えて爽やかな風味を楽しんだり、シロップやバニラエッセンスを加えて甘さを追加することもできます。
  2. 繰り返し使用する:
  • 水だしコーヒーは一度の抽出でたくさん作ることができます。抽出後のコーヒー液を冷蔵庫に保存し、飲む分だけ取り出して楽しむことができます。

お手軽で簡単なカルディの水出しコーヒー

世界各地の輸入食材や変わり種の調味料など、見かけるとついつい入りたくなるカルディー

コーヒーの試飲も以前は積極的にやっていてお試ししたことある方も多いと思います。コーヒー豆もレジ横で販売されておりますが、この時期には水出しコーヒーパックが店頭に並んでいるのを知っていますか?

冷水に入れて8時間から12時間待つだけで美味しい水だしコーヒーが、自宅でも簡単に作れるのでおすすめです。

水出しコーヒーのカスタマイズレシピの紹介

水出しコーヒーのレシピを3つ紹介します。今回のレシピは基本の水だしコーヒーにさまざまなフレーバーやアレンジを加えたものです。夏の暑い日にぴったりの爽やかな味わいや、アイスクリームやフルーツを組み合わせたデザート感覚の水だしコーヒーを楽しみましょう!自分の好みに合わせてその他のアレンジもぜひ挑戦してみてください。

レモン・ミント水出しコーヒー
  • 材料:
    • 水だしコーヒー液・レモンのスライス・新鮮なミントの葉
  • 手順:
    1. 水だしコーヒー液を作ります。
    2. グラスに氷を入れ、レモンのスライスとミントの葉を加えます。
    3. 水だしコーヒー液を注ぎ、よくかき混ぜます。
    4. レモンの爽やかな酸味とミントの香りが加わった水だしコーヒーの完成です。
ココナッツウォーター水だしコーヒー
  • 材料:
    • 水だしコーヒー液・ココナッツウォーター・氷
  • 手順:
    1. ココナッツウォーターをグラスに注ぎます。
    2. 氷を加え、水だしコーヒー液を注ぎます。
    3. よくかき混ぜて、リフレッシングなココナッツウォーター水だしコーヒーの完成です。
バニラアイスコーヒー
  • 材料:
    • 水だしコーヒー液・バニラアイスクリーム・カラメルソース
  • 手順:
    1. カップに適量の水だしコーヒー液を注ぎます。
    2. バニラアイスクリームをスプーンで乗せます。
    3. カラメルソースをかけて、独特の甘さを加えます。
    4. ストローをさして涼しくて美味しいバニラアイスコーヒーの完成です。

水だしコーヒーを作る際には、コーヒー豆の選び方や浸漬時間、水の量などを自分の好みに合わせて調整しましょう。

実際に自分の好みの味になるようにいろいろと試しながら、最適なバランスと風味を見つけることが大切です。アイスコーヒーとしてリフレッシュするために、水だしコーヒーの魅力を存分に味わってください。

水だしコーヒーのおすすめアイテムを紹介

水だしコーヒーにおすすめのアイテム

水出しコーヒーを作るためのアイテムは多数販売されております。ここでは人気の商品から、個人的におすすめの商品をご紹介します。

定番のハリオの水出しコーヒーポット

まずは定番のハリオの珈琲ポット。すっきりした見た目で冷蔵庫にも入りやすくコンパクトですが、1000ml分作れるポットです。お値段もかなりお手頃で普段使いにはもってこいです。メッシュの部分もかなり細かいので、細かいコーヒー粉にも使えます。少し掃除がしづらいのが少し難点です笑

横置きもできる!同じくハリオのフィルターインコーヒーボトル

同じハリオさんの商品だったら個人的にはこちらのコーヒーボトルが見た目のほうがスタイリッシュで好み

さらにこちらはガラス容器ですが、冷蔵庫に横においてもこぼれにくくなっています。ついつい飲み物でいっぱいになりがちな冷蔵庫の扉部分に置く必要がないので、冷蔵庫での冷やし場所を選びません。Amazonのベストセラー商品にもなっているし、水出しコーヒーポットの中でそばパパの一押しです。

インテリアにはもってこい?滴下タイプの水出しコーヒーポット

これまでの2商品は浸潤タイプのポットでしたが、最後に滴下タイプのこちらのポットもご紹介

見た目はかっこいいけど、個人的に自宅出使うには少しハードルが高いかな?前の日にポットに粉を入れて冷蔵庫に入れておけば、翌日にできている先ほどの2商品とは違って抽出するのにも時間がかかります。

こちらのリンクからAmazonと楽天市場の水出しコーヒーを作るときに使うポットのランキングがチェックできます。

その他のアイスコーヒーの紹介

コンビニの各種アイスコーヒー サブスクも

各種コンビニのアイスコーヒーも人気ですね。たまに休みの日のお出かけの時に利用することもありますが、セブンイレブンのアイスコーヒーやアイスカフェラテがお気に入りです。

ローソンの「MACHI café Prime」 では地域限定でサブスクを利用できるのを知っていますか?(愛知県の約620店舗で実験運用中)

1か月1,500円で利用できるローソンのコーヒーのサブスクは下記の記事で紹介中です。

毎日飲むコーヒーならではのサービスで、人気が出そうです。ローソンは、職場に入ってることもあって定期的に利用するので全国展開してくれないかぁ。

王道のペットボトルや紙パックタイプのアイスコーヒー

ハンドドリップや水出しでコーヒーを作るのは少しめんどくさい

でもコンビニでコーヒーを毎日買うのはコスパが悪いし・・・という人も多いはず。

そういう方は、やっぱりスーパーやドラッグストアでペットボトルや紙パックのアイスコーヒーが定番ですね。独身の頃は箱買いしてたなぁ。

コストコでも購入可能な希釈タイプのアイスコーヒー

夏になるとコストコで売り切れるほど人気のUCCのアイスコーヒーのポーション

冷水やミルクなどで割って飲むタイプでとても手軽です。価格もコストコのホールでは1,200円程度で購入可能で50個入りなので1杯30円以下で飲むことが可能です。

コストコのオンラインショップでも購入することも可能だし、Amazonでも取り扱いがあります。

アイスやプリンなんかにかけるのもおすすめですよ!

氷だしコーヒー

氷出しコーヒーって聞いたことありますか?

その名の通り、氷を粉コーヒーの上に置いて氷の溶ける水で抽出するコーヒーを淹れる方法です。

氷だしコーヒーの特徴

抽出に時間がかかるため、コーヒーの香りなんかは長時間楽しめますが、抽出時間が長すぎるのが特徴

氷の溶ける時に水の量や、抽出されるコーヒーの濃さや苦さを自分好みにアレンジするのが難しい1杯です

氷コーヒー

氷コーヒーは、ハンドドリップで淹れたコーヒーやアイスコーヒーを使用して冷凍庫で氷を作り、できあがったコーヒーの氷にミルクなどをかけて溶かしながらコーヒーを楽しむ方法です。

コーヒーの苦さが少し苦手な方でも、ミルク感強めにコーヒーを楽しむことができます。ミルクとカップの中でグラデーションができるので、見た目もテンション上がりますね!

氷コーヒーの特徴

コーヒーで氷を作るので、かなり濃くコーヒーを作る必要があります。

ミルクなどで割るため、コーヒーの苦さが好きな方には少し物足りなさも。

まとめ

夏に飲みたいアイスコーヒーを紹介しました。

普段はホットコーヒーが多いそばパパも、あーーーつい夏の日には、やっぱりすっきりと爽やかにアイスコーヒーで気分を上げていきたいです。

みなさんも、自分に合った夏のコーヒータイムを過ごしましょう!沖縄そばパパでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました